[Flutter] 画面右上のデバッグリボンを消す

今回は画面右上のデバッグマークを消す方法を取り上げたいと思います。
開発する上では本番公開しているものと開発版を区別するのに、画面右上のDEBUGというリボン(帯)はとても役に立ちます。
ただ、開発中のアプリを特定のメンバーだけに先行配布(社内配布)するときにはできれば消してしまいたいものです。
今回はこのデバッグリボンの消し方をみていきましょう。

それでははじめましょう。

リリースビルドでのデバッグリボンの消去

まずは純粋にリリースビルドしてリボンを消すケースです。

コマンドとしては、

$ flutter run

でDebug実行となり、

$ flutter run --release

とすることでリリースビルドとなるため、リリースビルドをした場合には消えることが確認できます。

デバッグビルドでリボンを消す方法

では、デバッグビルドでリボンを消す方法ですが、一番トップで定義するMaterialAppの引数にある、debugShowChecedModeBannerにfalseを設定することで可能です。
具体的には以下のようになります。

class App extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      debugShowCheckedModeBanner: false,
    ...
    ...
    ...
  }
}

社内配布などの際に、活用してみてください。

おつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください