StyleableToastを使ってToastをリッチにする

昨日はToastyを使ってToastのUIをリッチにしましたが、今日はStyleableToastというライブラリを使ってみました。

“StyleableToastを使ってToastをリッチにする” の続きを読む

Toastyを使ってToastの表現を豊かにする

Androidアプリを開発しているとよく利用することになるのがToastです。
パラメータが足りないときや、うまく処理が成功したときなどにToastでユーザーに伝える時に必ず一度は利用することになると思います。
しかし、Toastは使いやすい反面、デザインの表現は1種類しか無く、少々残念なところがあります。

今回見つけたToastyというライブラリが意外と表現豊かだったので、簡単ですが使い方を紹介したいと思います。

“Toastyを使ってToastの表現を豊かにする” の続きを読む

Data Bindingを利用する

久々の更新です。
Androidの開発でよく利用される機能やライブラリを、一つ一つ紹介していくのも良いのではないかと思い、記事を書いていきたいと思います。
まず取り上げるのはData Bindingです。
サンプルはこちらにあるので、参考にしてください。
https://github.com/shige0501/buildbox-databinding

“Data Bindingを利用する” の続きを読む

いつも買い物をする時に考えていること

買い物をする時、金額に対してその価値が上回るかどうかは大抵考えるかと思いますが、私の場合最近考えるのはその価値を日単位で捉えるようにしています。
具体的に言うと、

  • 家電Aを買う時、3000円だとしたら日に置き換えると100円支払うのと一緒
  • 毎月500円のサービスを利用するなら、年間では6,000円になる

みたいな感じです。
毎日使う家電だったら、日単位で金額を按分して、その金額より受ける価値が越えるかどうか。
また、一見安く見えそうな定額サービス系は、年額で捉えることでその金額を払い続ける価値があるかを自分に問いかける感じです。

コレを習慣化しておくと、例えば保険などでしたら月額支払より年払いのほうが割安になるのでどちらで比較すべきかとなりますし、
無駄なものを取り入れないための思考のひとつになるんじゃないかと思います。

住宅ローンのシミュレーションが行えるサイト

住宅ローンの検討をすることがここ最近多くあり、どこで検討するのが良いか色々見ています。
一般的には借り入れを行いたい銀行のサイトを見れば大抵はシミュレーションが載っているのですが、それだけだと詳細を詰めて調べることができないことが有ります。
今回調べた中で特に良かったと思ったサイトを一式まとめておきたいと思います。
“住宅ローンのシミュレーションが行えるサイト” の続きを読む

Kotlinで継承可能なクラスを定義するには

最近業務でもKotlinに触れる機会が多いです。
コードを書く時に通常のクラスを定義する事が多くて、継承可能なクラスを書くことがあまりないので、Kotlinで継承可能なクラスにする場合のメモ。

class ParentActivity : AppCompatActivity() {
        ....実装
}

上記のようなクラスを元に、各クラスを定義しようとすると、ビルドエラーになります。
理由はfinal Classとして扱われるから。
継承可能なクラスにしたい場合は、以下のように open と付ける必要がありました。

open class ParentActivity : AppCompatActivity() {
        ....実装
}

けど、これだと警告が取り除けない。Javaのときにはなかった変更点として、抽象クラスならきちんと abstract classとして宣言が必要でした。

abstract class ParentActivity : AppCompatActivity() {
        ....実装
}

こうすると、明示していなくても open扱いとなる模様。
Kotlin奥が深いです。

ボタンなどのクリックイベント制御の挙動

ボタンなどのViewにはクリックイベントを設定することができます。
クリックイベントにも2種類ほどあって、
– クリックイベント(1回)
– 長押しイベント(長押し)
で、ユーザーに求めるアクションを選べるようになっています。

このイベント、OS内では呼び出し順序が決められており、
①長押しイベント
②クリックイベント
の順にコールバックメソッドが呼び出されるようになっています。

長押しイベント後にクリックイベントを呼び出さないようにするには、長押しのときの呼び出されるonLongClickメソッドで、
戻り値をtrueにすればOKです。

@Override
public boolean onLongClick(View view) {
    return true;
}

ここをfalseにしてやると、長押しのonLongClickメソッドが呼び出された後、クリックのonClickメソッドが呼び出されます。
あまり意識することはないと思いますが、一つの知見ということでまとめときます。

記事の最新化に最適な手段を考える

先日からライブラリの使い方を紹介した記事を投稿するようにしていますが、目下の悩みとして、
既に公開した記事は時と共に陳腐化していき、記事としての鮮度が落ちてしまうことでした。

ライブラリはバージョンアップしていきますので、最新版では紹介したメソッドがdeprecatedとなって使えなくなることもしばしば起こり得ることです。
ここを解決できそうな方法を見つけたので、考えを纏めておきたいと思います。

“記事の最新化に最適な手段を考える” の続きを読む

Android-Rateでレビューを促す

朝の投稿でも書きましたが、アプリをリリースすると、その後はGoogle Play Store上でレビューを上げていくこともアプリの露出を増やすための一環として行われることになります。
よく見かけるアプリだと、レビューを利用ユーザーに促すダイアログがよく見られると思うのですが、アプリ起動時に毎回出ているとユーザーさんもうんざりしますし、
出すタイミングは負担にならないように微調整をしていきたいものです。
今回はそんな細かいところまで眼が行き届いたライブラリ「Android-Rate」を試してみました。

“Android-Rateでレビューを促す” の続きを読む

レビューを促すライブラリを探す旅

アプリのレビューを促して、露出を増やすのはよくやる手かと思います。
それほど難しい実装でもないので、独自で作ってしまえば良いのですが、ライブラリで良さげなものがないか時間を見ては探すようにしています。

最近@hotchemiさんのAndroid-Rateというライブラリのことを知ったので、近日中に試してみてブログでまとめたいと思います。