[Kotlin] デジタル時計を表示する

私の著書のAndroid SDKポケットリファレンスでまだ対応できていないKotlin化ですが、業務でも利用される機会が多くなってきているかと思います。
少しでもお役に立てるように、Kotlin化した場合にどのように書いていくのかを紹介していくコーナー。
今回はデジタル時計の表示を紹介します。

Deprecatedとなったデジタル時計

先日の記事で、アナログ時計(AnalogClock)がDeprecatedとなっていた旨の記事を公開しましたが、デジタル時計もやはりDeprecatedとなっていました。


activity_main.xml

    <DigitalClock
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

公式サイトでも、以下の通りDeprecatedとして表示されています。


しかし、注釈でIt is recommended you use TextClock instead.とあります。
どうやら、TextClockが後継となるようです。
TextClockでの表示を見てみましょう。

サンプルコードは以下になります。

レイアウトは以下のように書きます。
activity_main.xml

    <TextClock
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
        app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
        app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
        app:layout_constraintTop_toTopOf="parent" />

実装的なところは、TextClockタグを使うところが違うだけで、とても単純です。
実行結果も、見え方は同じとなるようです。

使い所はどこ?というと、あまり思い浮かばないです。
しかし、実際の時計と同じように表示をしてくれるので、時計アプリを作ったり、全画面表示するアプリで一部に現在の時間を表示したいようなケースで使える事があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください