[Kotlin] RadioButtonの表示と選択処理

複数の選択肢から1つだけ選んでもらいたい場合には、ラジオボタンを利用するのが効果的です。
本稿ではRadioButtonについて解説します。

“[Kotlin] RadioButtonの表示と選択処理” の続きを読む

ImageButtonを表示する

今日の記事は比較的軽めで、ImageButtonの使い方です。
画像が表示されたボタンは、比較的使う機会も多いのではないかと思います。
サンプルを元に、実装方法を紹介していきます。

“ImageButtonを表示する” の続きを読む

[Kotlin] TextViewでテキストを表示する (プロパティアクセスによる簡略化)

今日もKotlin化についてTipsを。
TextViewのことを紹介しますが、メインはKotlinのプロパティアクセスです。
ではいきましょう。

“[Kotlin] TextViewでテキストを表示する (プロパティアクセスによる簡略化)” の続きを読む

[Kotlin] Toastを拡張関数を使って表示する

Androidでよく見るToastですが、大抵呼び出すときには第一引数、第二引数は固定になるかと思います。
今回はKotlinの拡張関数を使ってToastの呼び出しをよりシンプルにしてみたいと思います。

“[Kotlin] Toastを拡張関数を使って表示する” の続きを読む

[Kotlin] Buttonのクリックを処理する

ここ最近は業務でKotlinを書く機会がとても増えています。
しかし、私の著書のAndroid SDKポケットリファレンスは残念ながらまだKotlin化は対応できていません。
おそらく当面対応するのは難しいでしょう。

そこで、今回から複数回に分けてとなりますが、Kotlinで実装した場合の実装方法をまとめていきたいと思います。
まず第1回はButtonのクリックを処理する部分からです。

“[Kotlin] Buttonのクリックを処理する” の続きを読む

KotlinのViewHolderパターンがとても気持ちいい

Kotlinのコードを書いていて、ArrayAdapterを実装するのにViewHolderのKotlin化がとても良い書き方を見つけたのでメモ。

“KotlinのViewHolderパターンがとても気持ちいい” の続きを読む

KnowHowのページにAndroid関連の技術記事をまとめ始めました。

Android関連の記事を日々更新始めました。
今のところ3日坊主にはなっていませんが、なかなか書き続けられるものでもないなと痛感してます。
しかし、書き続けることが私の力になるはずっ!

これまでの過去の更新も含めてみてみると、結構記事が溜まってきていたので、一度本日までに公開した記事の中から、Androidのノウハウに関する記事をまとめたページを用意しました。

今後もAndroid関連の記事を書き溜めつつ、上記のページに書き足していきたいと思います。
ただ、記事数が増えてきたらカテゴリ(UI / ネットワークなど)毎に分類していくかなと思います。
なるべくAndroid SDKポケットリファレンスで拾いきれなかった領域をWebで公開していけたらと思いますので、
よろしかったら参考にしてみてください!

StyleableToastを使ってToastをリッチにする

昨日はToastyを使ってToastのUIをリッチにしましたが、今日はStyleableToastというライブラリを使ってみました。

“StyleableToastを使ってToastをリッチにする” の続きを読む

Toastyを使ってToastの表現を豊かにする

Androidアプリを開発しているとよく利用することになるのがToastです。
パラメータが足りないときや、うまく処理が成功したときなどにToastでユーザーに伝える時に必ず一度は利用することになると思います。
しかし、Toastは使いやすい反面、デザインの表現は1種類しか無く、少々残念なところがあります。

今回見つけたToastyというライブラリが意外と表現豊かだったので、簡単ですが使い方を紹介したいと思います。

“Toastyを使ってToastの表現を豊かにする” の続きを読む

Data Bindingを利用する

久々の更新です。
Androidの開発でよく利用される機能やライブラリを、一つ一つ紹介していくのも良いのではないかと思い、記事を書いていきたいと思います。
まず取り上げるのはData Bindingです。
サンプルはこちらにあるので、参考にしてください。
https://github.com/shige0501/buildbox-databinding

“Data Bindingを利用する” の続きを読む