記事の最新化に最適な手段を考える

先日からライブラリの使い方を紹介した記事を投稿するようにしていますが、目下の悩みとして、
既に公開した記事は時と共に陳腐化していき、記事としての鮮度が落ちてしまうことでした。

ライブラリはバージョンアップしていきますので、最新版では紹介したメソッドがdeprecatedとなって使えなくなることもしばしば起こり得ることです。
ここを解決できそうな方法を見つけたので、考えを纏めておきたいと思います。

“記事の最新化に最適な手段を考える” の続きを読む

Android-Rateでレビューを促す

朝の投稿でも書きましたが、アプリをリリースすると、その後はGoogle Play Store上でレビューを上げていくこともアプリの露出を増やすための一環として行われることになります。
よく見かけるアプリだと、レビューを利用ユーザーに促すダイアログがよく見られると思うのですが、アプリ起動時に毎回出ているとユーザーさんもうんざりしますし、
出すタイミングは負担にならないように微調整をしていきたいものです。
今回はそんな細かいところまで眼が行き届いたライブラリ「Android-Rate」を試してみました。

“Android-Rateでレビューを促す” の続きを読む

レビューを促すライブラリを探す旅

アプリのレビューを促して、露出を増やすのはよくやる手かと思います。
それほど難しい実装でもないので、独自で作ってしまえば良いのですが、ライブラリで良さげなものがないか時間を見ては探すようにしています。

最近@hotchemiさんのAndroid-Rateというライブラリのことを知ったので、近日中に試してみてブログでまとめたいと思います。

Hugoでログの出力をしてみる

Androidでデバッグするときには、Logクラスを用いてログを出力することが一般的です。
以前は私もログの出力をLogクラスに頼っていたのですが、最近はちょっと使い勝手が悪く感じる様になってきたので、Hugoというライブラリを使うようになっています。
仕事で知ってからではありますが、これはいいなと思うので紹介します。

“Hugoでログの出力をしてみる” の続きを読む

Google Playサービスのバーコード検出を試してみました

昨日「バーコードを読み込むZXingライブラリを試しました」という記事を公開しました。
すると、@fkmさんから「こちらの記事も期待してます!」と以下のリンク先を連絡いただきました。

ZXingライブラリではなくこちらも試してみたまえ・・・とのことなので、昨夜の内にサンプルを作って試すところまではできたので、その辺をまとめておきたいと思います。

“Google Playサービスのバーコード検出を試してみました” の続きを読む

バーコードを読み込むZXingライブラリを試しました

手持ちの書籍のバーコード情報を取得したいと思って、ライブラリを探してみました。
前々からZXingというライブラリが存在することは知っていたのですが、Eclipse時代からプロジェクト内に取り込むやり方が主流だったので、他のがないかなと思ってました。
しかし、最近調べたところ有志の方が本家からポーティングしてGradleで組み込めるようにライブラリを公開してくださっているようです。
今回はこちらを調べた結果をまとめて公開したいと思います。

“バーコードを読み込むZXingライブラリを試しました” の続きを読む

SuperToastをもう少し掘り下げる

昨日の記事「Toastを強化したSuperToastを試してみた」で、SuperToastを使ってToastを表示するところまで試したわけですが、それだけだとどんなことができるのか、詳細はまだわからずじまいです。
そのため、今日はそれぞれのメソッドでどのような指定が可能なのかについてまとめてしまいたいと思います。

“SuperToastをもう少し掘り下げる” の続きを読む

Toastを強化したSuperToastを試してみた

今日は前々から気になっていたSuperToastを試してみました。

SuperToasts – https://github.com/JohnPersano/SuperToasts

当初予想していたのと少し違って、実は3つのToastが用意されているようです。

  • SuperToast
  • SuperActivityToast
  • SuperCardToast

ライブラリ名がSuperToast”s”と、複数形となっていたのはそういった理由があるようですね。
今日試したのは1番目のSuperToastです。
では、設定方法からみていきましょう。

“Toastを強化したSuperToastを試してみた” の続きを読む

Butter Knifeの使いかた

はじめに

毎日一つ、ライブラリを紹介するコーナーでも始めようかなと思って、これから頑張ってみようかなと思います。
最初に取り上げるのはButterKnifeからいきましょうか。

Butter Knifeとは

Jake Wharton先生の有名なライブラリです。

Butter Knife
Alt

レイアウト上に定義されたウィジェットをアノテーションでインジェクトできるので、コーディングが大変楽になります。
このライブラリを利用しない場合、テキストビューのテキストを設定するような場合には以下の様なコードを毎回1書く必要がありました。

@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.activity_main);

    TextView textView = (TextView) findViewById(R.id.textView);
    textView.setText("Hello, World!");
}

“Butter Knifeの使いかた” の続きを読む

【献本御礼】SoftwareDesign 5月号に寄稿しました

久々となりますが、4/18に発売された技術評論社のSoftwareDesign 5月号で記事を寄稿させていただきました。
Photo_16-04-20-16-19-05.429

内容的には、Picassoの基礎的な使い方と、デバッグ機能を活用する場合のコーディングのTipsをまとめたつもりです。
Picasso自体が高機能なので、一通りの事が簡単にできてしまうので、是非お試しください。

今回の記事では、どちらかと言うとコラムのほうが私の書きたいことをガッツリ書いた気がします。
ここ2年ぐらいお休みしてますが、コミュニティを運営するときの勉強会の準備に必要なことを一式1ページでまとめたつもりです。
私が普段意識していることを書いていますので、そちらも是非読んでいただいて、コメントなど貰えたら嬉しいです。

ちなみに、今月号はSORACOMさんのSORACOM Air SD Special Versionということで、SIMが特別に付いてきていますので、とってもお得です!
在庫がすぐ無くなる可能性も高いですので、お早めにお買い上げを。