Toastyを使ってToastの表現を豊かにする

Androidアプリを開発しているとよく利用することになるのがToastです。
パラメータが足りないときや、うまく処理が成功したときなどにToastでユーザーに伝える時に必ず一度は利用することになると思います。
しかし、Toastは使いやすい反面、デザインの表現は1種類しか無く、少々残念なところがあります。

今回見つけたToastyというライブラリが意外と表現豊かだったので、簡単ですが使い方を紹介したいと思います。

今回作ったサンプルプログラムはこちらです。


使い方は簡単で、まずライブラリを読み込みます。
build.gradleでの指定が2箇所必要です。

allprojects {
  repositories {
    google()
    jcenter()
    maven { url "https://jitpack.io" }
  }
}
dependencies {
  implementation 'com.github.GrenderG:Toasty:1.2.8'
}

後はプログラムから呼び出したら良いだけです。呼び出し方も簡単で、こんな感じで書くと”成功しました。”という緑色の背景色のToastが表示されました。

Toasty.success(this, "成功しました。", Toast.LENGTH_SHORT, true).show();

この実行結果がこちら。

作者のGitHubのサイトには、success以外の呼び方もあるので、おいおいこちらにまとめていきたいと思います。

他にも以下のようなToastを表示するライブラリがありますので、参考にしてみてください。



「Toastyを使ってToastの表現を豊かにする」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です