[Kotlin] TextViewでテキストを表示する (プロパティアクセスによる簡略化)

今日もKotlin化についてTipsを。
TextViewのことを紹介しますが、メインはKotlinのプロパティアクセスです。
ではいきましょう。

今回のサンプルアプリはこちら。

サンプルの内容は画面中央にTextViewでテキストを表示するというものです。

TextViewのレイアウトも以下の定義だけで、シンプルなものです。
activity_main.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<RelativeLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="net.buildbox.sample.buildbox_textview.MainActivity">

    <TextView
        android:id="@+id/message_view"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_centerInParent="true"
        android:text="Hello World!"/>
</RelativeLayout>

今回のメインは、このTextViewにコード上からテキストを設定するところです。
Javaでしたら、以下のように実装が可能です。

TextView messageView = findViewById(R.id.message_view);
messageView.setText("サンプルメッセージ表示");

Kotlin化をした場合ももちろんsetText()メソッドは利用可能ですが、プロパティアクセスによる省略が可能となります。
MainActivity.kt

val messageView: TextView = findViewById(R.id.message_view)
messageView.text = "サンプルメッセージ表示"

コードをわかりやすくする1つの手段かと思いますので、使えるところでは積極的に使ってみては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です