ImageButtonを表示する

今日の記事は比較的軽めで、ImageButtonの使い方です。
画像が表示されたボタンは、比較的使う機会も多いのではないかと思います。
サンプルを元に、実装方法を紹介していきます。

今回のサンプルアプリは以下に格納してあります。

ImageButtonは以下のように、レイアウトに実装することで表示することができます。
activity_main.xml

<RelativeLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    tools:context="net.buildbox.sample.buildbox_imagebutton.MainActivity">

    <ImageButton
        android:id="@+id/image_button"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:contentDescription="アイコン表示"
        android:src="@android:drawable/sym_def_app_icon"/>
</RelativeLayout>

android:src で表示したい画像を指定することで、対象の画像が表示されます。
ここでは、AndroidのOSで利用されている画像にアクセスして表示するため、 @android:drawable/xxx(xxxは任意の画像ファイル) というパスを利用しています。
また、android:contentDescription でコンテンツの概要を文字列で指定しないと警告が出るので、指定を行うようにしてください。

上記を実行した結果は以下のようになります。

ボタンのクリック処理は過去にまとめた以下の記事が参考になります。合わせてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です