ビットコインの基礎知識


前回の記事で、読書ネタから通貨のグローバル化と、ビットコインについて書いてみました。

ビットコインがどのようなものなのか、もう少し学ばないと行けないなと思ったので、いろいろ調べたことをまとめていきたいと思います。
Alt

ビットコインとは

ビットコイン – Wikipedia
ビットコインについての基礎知識を得るために最初に読むのはWikipediaで良いかと思います。
冒頭のところを引用しますが、

公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。

とあるので、通貨であるということに間違いはないようです。
しかし、ここで見慣れない単語「暗号通貨」と出てきています。これはなんでしょう?

リンクを辿ると、暗号通貨については以下のような説明があります。

暗号通貨 – Wikipedia

暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。

一応暗号理論についても。

暗号理論 – Wikipedia

暗号理論(あんごうりろん)とは、暗号における暗号化 (encryption) および復号 (decryption) と暗号解読 (cryptanalysis) を扱う理論のこと。

ここまで来るとスッキリです。
暗号化の技術を使って構築された通貨ということですね。
しかし、この暗号についてはもうちょっと調べないといけないですね。

最近観た映画ですが、イミテーションゲームでも出てきた通り、暗号は解かれる可能性のあるものです。
164839_01
どのような仕組みで堅牢化をしているのかは、引き続き調べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です