【献本御礼】プラットフォームのためのOpenGL ES入門 基礎編を献本してもらいました!


2014-06-19 06.57.24

 

報告が遅くなりましたが、我らが山下武志さんが執筆された、
「マルチプラットフォームのためのOpenGL ES入門 ~Android/iOS対応グラフィックスプログラミング~ 基礎編」
を献本していただきました。

 

「Facebook上でだれかレビューアになって!」という要請に手を挙げて、
レビューをしていくつかの指摘をする協力をした本なので、無事に出版されてくれてうれしい限りです。

OpenGL ESは分野としてはかなり絞られていて、入門と名がついているけれども難易度は若干高めではないかと思います。
しかし、山下さんが基礎からしっかりと説明されているので、これを読めばほんとに基礎の基礎となる2Dまで身に付くと思います!

 

読んでみた感想としては、OpenGL ESの初心者向けに、しっかりと用語が解説されているので、
私自身OpenGLは初心者なのですが、その概念がしっかりと学べました。
特に、あまりイメージしにくいようなところは概念図を入れてくれてるのが理解の助けになるので、そのあたりがオススメじゃないかと思います。

 

これからAndroid/iOS向けにネイティブでゲーム作りをしたいような方は、必須となる技術だと思いますので、
是非読んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です