JUnitを実施するときのメモ


今までJUnitを使ったことがなかったので、使い方メモ。

 1.Androidプロジェクトの作成時、Testプロジェクトも作成する
 2.テスト用のファイルを作成する
 3.”junit.framework.TestCase”をインポートし、”TestCase”の継承クラスを作る
 4.”assert”で始まるメソッドで、真となるかを判定する処理を入れていく

本来のプロジェクトのメソッドを呼び出すようにしてやれば、想定した動作をしてくれるかどうかが試せるので、中々使えるな・・・と感じてます。
テスト駆動開発ってやつは中々効果が高そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です